簡易専用水道検査はこちらから
依頼書ダウンロード 群馬県薬剤師会リンク 関連リンク
新館 〒371-0013 群馬県前橋市西片貝町5丁目23番地10 027-223-6355 027-243-2967 お問い合せフォームはこちらから
水道GLP認定 / JWWA-GLP116
ilac mra & JAB04470

簡易専用水道検査

image

簡易専用水道とは?

市町村などの水道から配給される水のみを水源として、その水をいったん受水槽にためてから給水する水道のうち、受水槽の有効容量の合計が10㎥を超えるものを「簡易専用水道」といいます。

また、地下水(井戸水)や沢水などを受水槽にためて供給しているものには、「専用水道」などの別の規則を受けるものもあります。

設置者の義務

給水する水の安全を確保するために、施設の管理、検査を受けることが設置者(管理者)に義務づけられています。
1. 水槽等の外観検査
水槽等の点検や、その周辺の状況についての検査。
2. 書類検査
設備等の関係図面、水槽の清掃記録、日常点検、設備の記録等の検査
3. 水質のチェック
給水栓における水の臭気、味、色、濁り及び残留塩素の検査
検査の結果、検査機関から特に衛生上問題があるため保険福祉事務所に報告するよう助言を受けた場合は、直ちに施設を管轄する保健福祉事務所に報告する必要があります。
【厚生労働省告知二百六十ニ号】なお、この検査を受けないと罰則が適用されます。【水道法】